ブルーライトを沢山あびてしまっている

スマホやパソコンを使用するのが当たり前の時代です。いつでもインターネットで情報が調べられたり友達との連絡も簡単にとれるようになったためとても便利な時代ともいえますが、その分、目に悪いブルーライトを沢山あびてしまっているため、近年はドライアイ患者も急激に増えてきてしまっているようですよ。テレビを見ていても、ドライアイに関する特集を多く見かけるようになってきましたね。ドライアイとは、託児所付き 看護師眼を保護する涙液が不足し、眼の表面が乾いてしまう症状の病気です。まではサポートしてくれます。

ブルーライトを多く浴びる

ドライアイは、ブルーライトを多く浴びるパソコンの使用はもちろんのこと、それ以外にも涙の分泌量が減ってしまうことや、ストレス、室内の乾燥などの理由があるそうです。とても辛いドライアイを早めに治すには、定期的に目を休めたり遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげるのもよい対処方法だそうです。ドライアイの症状が軽い場合にはやがておさまることもあります。しかしドライアイの症状がひどかったり、いつまでも長びくような場合には、眼の表面が傷ついていることが考えられるため、眼科の受診・治療をオススメしますよ。うちの息子も最近ドライアイに悩まされ、眼科に通っているのですが、子供のドライアイはストレスからくるものも多いそうなので、ストレスが少しでも解消できるように熱い蒸しタオルにリラックス効果のあるアロマオイルを数滴たらして目にあててリラックスできる時間を多く作るようにしています。

眼科にもかなり通って

眼科にもかなり通っていてそのたびに症状に応じた目薬を処方してもらっていますが、この蒸しタオル&アロマオイルの対策が1番、目が楽になると言っていますよ。目薬だけに頼らずに、このような方法でつねに気持ちをリラックスしていくことがドライアイも防いでいくことができると思います。ドライアイは現代病ともいえる病気かもしれません。便利になっていく時代に上手に付き合っていくには、つねにリラックスが益々大切になってきているのではないでしょうか。